秋季特別展

9月8日(土) - 10月8日(月)

アメリカ古代文明
-超自然へのまなざし-

ムービーを見る

紀元15 世紀、“旧大陸”の人々が“新大陸”を“発見”した時、すでにそこには一万数千年に及ぶ人々の
営みがありました。彼らは厳密な暦を発達させ、宇宙と自然の循環にそった文明を創りあげていたのです。
その精神世界では、人間が超自然の世界の助けと慈愛を必要とするのと同様、神々が活動できるためには
人間の介入が必要でした。これは古来、厳しい自然環境の変化と、その中で行われる農耕、及び天体の運
行に人間(主に首長)が責任を担ってきたことを表すもので、正しい時に正しく儀式を行うことが、彼ら
の宇宙を存続させるのに不可欠だったのです。
展示では、彼らの残した石彫、陶器、金属工芸、染織品など100 余点を展観し、暦と歴史的な儀式、生死
をかけた球戯、神聖なチョコレートなどの話題にも触れながら、彼らの三千年にわたる足跡をたどります。

基本情報

会期
2018年9月8日 - 2018年10月8日
開館時間
午前10時~午後5時(入館は午前4時まで)
休館日
月曜日 ※9月18日(火)、9月25日(火)は休館  祝日の9月17日(月)、24日(月)、10月8日(月)は開館  
入館料
大人1,100円 高校・大学生800円 小学生・中学生300円
会場
北館
音声ガイド
あり
主催
MIHO MUSEUM
京都新聞社
後援
滋賀県
滋賀県教育委員会
NHK大津放送
BBCびわ湖放送
エフエム京都
備考
楽天チケット、セブンチケットで入館券が購入できます。(大人のみ)
楽天チケット → https://ticket.rakuten.co.jp/features/america/index.html
セブンチケット → http://7ticket.jp/s/067407/p/20181008/1
石山駅観光案内所でも入館券を販売しています。

展示品リスト

関連プログラム

講演会
チョコレートの歴史

講師:八杉佳穂 博士 国立民族学博物館名誉教授
日時:9月22日(土)14:00~15:30
会場:南レクチャーホール
定員:100名
予約不要:当日美術館棟受付にて整理券配布
参加無料(入館料要)

講演会
古代アメリカと環太平洋の文化

講師:ラプチェフ・セルゲイ 博士 当館特別研究員
日時:9月29日(土)14:00~15:30
会場:南レクチャーホール
定員:100名
予約不要:当日美術館棟受付にて整理券配布
参加無料(入館料要)

主な展示

仮面
オルメカ文化 前900~前600年頃

小像
オルメカ文化 前900~前600年頃

仮面
モチェ文化 200~700年頃

石製容器
ショチパラ文化 前1500~前1000年頃

猿形容器
サリナール文化 前200~後100年頃

魚形容器
チョレーラ文化 前1800~前300年頃

犬装飾容器
マヤ文化 300~600年頃

貫頭衣
ナスカ文化 200~600年頃

展示場所

入館口 インフォメーション 多彩なる文化 ― 様々な人体表現 仮面 ― 超自然の力を着る 翡翠 ― 緑色に託された生命力  神々 ― 変身と超自然のかたち 儀礼の宴 ― 宇宙の均衡を保つ文字と暦 ― 歴史をつなぐ儀式 球戯 ― 超自然との交信 黄金 ― 太陽エネルギーをまとう 動物 ― 守護獣のかたち 染織 ― 異界におくられた衣たち MIHO GRANDAMA
南館
北館

秋季特別展Ⅰ

アメリカ古代文明

―超自然へのまなざし―

展示作品

北館

秋季特別展Ⅰ

アメリカ古代文明
―超自然へのまなざし―

多彩なる文化 ― 様々な人体表現
仮面 ― 超自然の力を着る
翡翠 ― 緑色に託された生命力
神々 ― 変身と超自然のかたち
儀礼の宴 ― 宇宙の均衡を保つ / 文字と暦 ― 歴史をつなぐ儀式
球戯 ― 超自然との交信
黄金 ― 太陽エネルギーをまとう
動物 ― 守護獣のかたち
染織 ― 異界におくられた衣たち
MIHO GRANDAMA