当館は、2020年12月14日(月)から2021年3月12日(金)まで冬季休館となります。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2021年のスケジュールその他の詳細は変更される可能性があります。最新情報は当館HPで。

事前予約制による秋季特別展

本展覧会は終了しました。

終了した展覧会の情報ですので、ご注意ください。

MIHO MUSEUM は、1997年11月の開館以来、古代エジプトから西アジア、ギリシア・ローマ、南アジア、中国など、世界の古代美術に加え、わが国の古代から江戸時代にわたる工芸、彫刻、絵画など幅広い分野のコレクションを公開してきました。コレクション全体を展望してみると、形成される過程にはいくつかの画期がありました。本展覧会では、コレクションの形成過程を、茶道具を中心とした「黎明期」、MIHO MUSEUM開館に向けて大型の美術品が加わった「発展期」、そしてMIHO MUSEUM開館以後、美術館らしい大作が加わった「充実期」に分けてご覧いただきます。半世紀をこえるMIHOコレクションの形成過程をふり返るとともに、30件を超える初公開作品を含めた、桃山から江戸時代の絵画をお楽しみください。

基本情報

会期
2020年9月1日 - 2020年12月13日
会場
北館(常設展もご覧になれます。)
備考
<重要なお願い>
◆事前予約制
◆マスク着用
◆検温
 詳しくはこちら

<営業の主な変更点>
◆各種割引の休止
◆レストラン休業
◆カフェ縮小営業
 詳しくはこちら

展示品リスト

展示作品

北館

秋季特別展

MIHO MUSEUMコレクションの形成
-日本絵画を中心に-