当館は ただいま冬季休館しております。


次回開館は2023年3月18日(土)~6月11日(日)です。

夏季特別展

7月15日(土) - 8月20日(日)

蒔絵百花繚乱
江戸時代の名工とその系譜(仮称)

展覧会予告

開催予定の展覧会に関する情報ですので、ご注意ください。

夏季特別展「蒔絵百花繚乱ー江戸時代の名工とその系譜」(仮称)では、18~19世紀の多彩で華やかな蒔絵文化の一端を紹介します。江戸時代、将軍家や大名が好んでいた蒔絵が町衆へ広がり、名工の名が蒔絵師として知られるようになりました。18世紀には自分の名をブランドとして売り出す蒔絵師も登場します。本展はそのような蒔絵師たちが名を掲げ、競い合った18~19世紀の多彩で華やかな作品を中心に展観します。
(上記画像は浮世絵美人蒔絵硯箱 中山胡民作 個人蔵)

基本情報

会期
2023年7月15日 - 2023年8月20日
開館時間
午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日
月曜日、7月18日 ※7月17日は開館
入館料
大人 1,300円 大・高生 1,000円 中学生以下無料   団体料金(20名以上)各200円割引 ※障害者手帳をお持ちの方は無料(介添1名は200円割引) 
会場
北館
音声ガイド
あり