秋季特別展

9月16日(土) - 12月10日(日)

金峯山の遺宝と神仏

秋季特別展「金峯山の遺宝と神仏」では、古代より修験道の聖域とされてきた奈良県吉野の金峯山を参詣した平安貴族の「御嶽詣」に伴う金峯山経塚の出土品を一堂に展示します。藤原道長の金峯山参詣を端緒とする平安貴族の盛んな「御嶽詣」に伴う埋経は、金峯山経塚遺物として今日に伝わっています。この展覧会では新たに確認された遺物も含む金峯山出土遺物から、平安貴族の金峯山への信仰と憧憬の一端をご紹介いたします。

基本情報

会期
2023年9月16日 - 2023年12月10日
開館時間
午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日
月曜日、9月19日、10月10日 ※9月18日、10月9日は開館
入館料
大人 1,300円 大・高生 1,000円 中学生以下無料   団体料金(20名以上)各200円割引 ※障害者手帳をお持ちの方は無料(介添1名は200円割引) 
会場
北館
音声ガイド
あり
主催
MIHO MUSEUM、京都新聞
後援
滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都、帝産湖南交通

※期間中、展示替がございます。

展示品リスト / 展示替スケジュール

関連プログラム

講演会
「金峯山の遺宝からみる王朝美」

講師:関根 俊一(帝塚山大学名誉教授)
日時:11月12日(日) 13:30~15:00
■会場:MIHO MUSEUM 南館レクチャーホール(美術館棟内)
■予約不要:当日、美術館棟受付にて整理券配布
■定員:100名
■参加費:無料(入館料要)

主な展示

金峯山埋経 藤原道長筆
長徳四年(998)寛弘四年(1007)重要文化財 五島美術館蔵(撮影=名鏡勝朗) ※展示期間 9月16日-10月15日

吉野曼荼羅彩絵厨子 南北朝時代 延元元年(1336)重要文化財 蔵王権現立像 鎌倉時代 嘉禄二年(1226)重要文化財
共に如意輪寺蔵(画像提供=大阪市立美術館) ※ 展示期間 9月16日ー10月29日

吉野曼荼羅 江戸時代
市神神社(画像提供=大阪市立美術館) ※展示期間 10月11日ー11月5日

童子立像 鎌倉時代
円楽寺(画像提供=山梨県立博物館)

大峰山全図 江戸時代
大和文華館蔵 ※展示期間 10月17日-11月12日

男神鏡像 平安時代後期
MIHO MUSEUM蔵

蔵王権現立像(部分) 平安時代
五社神社蔵

蔵王権現・四神鏡像(部分) 平安時代後期
個人蔵

展示場所

入館口 インフォメーション 第一章 役行者伝説と金峯山信仰の始まり 第二章 山上本堂の解体修理に伴う発掘調査と遺物 第三章 蔵王権現 第四章 道長の金峯山参詣と金峯山経塚の遺宝 第五章 新出の金峯山経塚の遺宝 第六章 金峯山・修験道世界の完成
南館
北館

秋季特別展

金峯山の遺宝と神仏

展示作品

北館

秋季特別展

金峯山の遺宝と神仏

詳細は展示替スケジュールをご確認下さい。

第一章 役行者伝説と金峯山信仰の始まり
第二章 山上本堂の解体修理に伴う発掘調査と遺物
第三章 蔵王権現
第四章 道長の金峯山参詣と金峯山経塚の遺宝
第五章 新出の金峯山経塚の遺宝
第六章 金峯山・修験道世界の完成