春季特別展

3月3日(日) - 6月9日(日)

古代ガラス-輝く意匠と技法

展覧会予告

開催予定の展覧会に関する情報ですので、ご注意ください。

MIHO MUSEUMには、ガラスが宝石であった時代の貴重な作品が、200点あまり収蔵されています。中でも名宝は「ファラオ頭部」、ツタンカーメン王の祖父アメンホテプ3世の実物大ガラス彫刻で、奇跡的に今日まで伝わりました。また「獅子頭形杯」は、水晶のような無色透明のワインカップで、約2500年間ほぼ完品で伝えられた極めて稀なケースです。(これからの展覧会一覧ページ掲載の作品)
他にも古代地中海のコアガラス香油瓶やビーズの数々、繊細の極致であるモザイクガラス、色とりどりに銀化したローマンガラス、正倉院にも伝わったカットガラス、中国で瑠璃や玻璃と呼ばれた玉類などを展示します。古代世界に広がる驚くべきガラスの美を、どうぞお楽しみ下さい。

基本情報

会期
2024年3月3日 - 2024年6月9日
開館時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
休館日
月曜日、4月30日、5月7日 ※4月29日、5月6日は開館
入館料
大人 1,300円 大・高生 1,000円 中学生以下無料   団体料金(20名以上)各200円割引 ※障害者手帳をお持ちの方は無料(介添1名は200円割引)
会場
北館
音声ガイド
あり

主な展示

ファラオ頭部(部分)
エジプト 前14世紀

ロゼット・植物文ビーズ
ミケーネ 前14-前12世紀

玉流璃象嵌帯鉤
中国 前漢時代


東地中海地域 前2-前1世紀

ゴールドバンド蓋付容器
イタリアもしくは東地中海地域 前1-後1世紀

モザイクガラス・マイナス
エジプト 前1-後1世紀

アラバスター文壺
伝イラン出土 1世紀

カメオ装飾杯
おそらくイラン 9-10世紀